1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「冷湿布ダイエット」とは

「冷湿布ダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「冷湿布ダイエット」とは,褐色脂肪の多い部分に冷湿布を貼るだけでやせられるというダイエット法です。


【冷湿布で褐色脂肪を刺激することによる効果とは】


ダイエットは,燃焼効率×時間 です。
シャワーを浴びる方法では,効果はあるものの時間が限られています。
燃焼効率は多少悪くても,長く続けられるほうが無理なく効果を得やすいといえます。


このダイエットの理屈は,褐色脂肪ダイエットと基本的に同じです。
脂肪を燃焼させる褐色脂肪を刺激することによって,より燃焼を高めようというのです。
その刺激として,冷やす,温めるを繰り返す温冷法を用います。


褐色脂肪が集まっているところは,首,肩甲骨の間,わきの下,腰ですが,冷湿布を貼るのは首,肩甲骨の間,腰です。(わきの下は冷えすぎると腕の血行が悪くなるので除きます)
ここに冷湿布を貼ると温度が下がり,それを褐色脂肪が察知して,脳に熱を出すように命令します。


ここで冷えるのはある部分だけですが,脳は全身が冷えたものと勘違いしてしまいます。
そして,全身の発熱を促すために交感神経が活発になり,脂肪の燃焼が盛んになっていくのです。
冷えた褐色脂肪は,特に熱を発するようになって,脂肪燃焼が進んでいきます。


食事によって褐色脂肪は熱が上がり,手で触れてみればわかります。
食後しばらくしてから,熱がいちばん上がりやすい部分に冷湿布を貼るのが最も効果的です。
そして,冷湿布の効果がある間(冷えている間)は貼り続けましょう。


【寝ている間も脂肪を燃焼させてダイエット】


また,足の裏に温湿布を貼ると足の血流がよくなり,交感神経がより刺激されて褐色脂肪が活性化します。
外見ではわかりにくい肩甲骨の間と腰は外出中でも貼っておき,効果がなくなったら取り替えます。
家の中では,首にも貼り,さらに足には温湿布を貼っておくこともできます。


この方法は湿布を貼るだけで,あとは何をしようがかまいません。
寝転んでテレビを見ながらでもダイエットができるのです。


入浴後に熱が引いてきたら冷湿布を貼って,そのまま朝まで寝ている間に脂肪が燃えてくれます。
その燃焼量は軽く歩いているのと同じという研究報告もあります。


ゆっくりと歩いていたら,通常は脂肪は燃えにくいのですが,一晩中,一日中となると話は変わります。
冷湿布は,それと同じ効果が得られる簡単で優れた方法なのです。

PR