1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「10分×3回ウォーキングダイエット」とは

「10分×3回ウォーキングダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「10分×3回ウォーキングダイエット」とは,ウォーキングをこま切れに行いながら,無理なく確実にやせられるダイエット法です。


【ダイエットに効果的なウォーキングとは】


有酸素運動であるウォーキングは,いまやダイエットの定番であり,休日には公園や遊歩道などでウォーキングを楽しむ多くの人の姿が見られます。


これまでウォーキングでは,基本的に1日30分歩くのが効果的だといわれてきました。
最初に消費するのは体内の糖質で,20分以上持続しないと脂肪が燃え始めため,少なくとも30分は続けないとその効果が得られないと考えられてきたからです。


ところが最近,例えば10分×3回に分けても同じ効果が得られることがわかったのです。
それは,脂肪を分解する「リパーゼ」という酵素が,運動開始10分ぐらいから働き始め,運動後もしばらくは脂肪を燃やし続けてくれるということからきています。


1回30分は無理でも,10分×3回ということであれば自分のペースで無理なく始められるダイエットであるといえるでしょう。


【ウォーキングで脂肪が燃えやすい理由とは】


運動で効果的に脂肪を燃やすには酸素が必要で,負荷の少ない運動(有酸素運動)を長時間続ければ続けるほど,脂肪は燃焼されます。
よって,有酸素運動であるウォーキングやジョギングなどは,脂肪を燃やすには最適な運動なのです。


ちなみに,運動の内容によって脂肪の消費は,
 ・平常時には,糖質60%,脂肪40%の割合でエネルギーを消費。
 ・息切れするほどのジョギングや激しい運動では,糖質80%,脂肪20%と,脂肪は殆ど減少しない。
  (体は燃えやすい糖質のほうを先にエネルギーにしてしまうため)
 ・速足で駅まで歩くなどの負担のない運動では,糖質35%,脂肪65%と逆転。
  (軽い運動のほうが脂肪が燃えやすいため)


【ストレッチなども取り入れて効果をアップ】


①まずは,正しいウォーキングの仕方を覚えて,楽しく歩くことが大切です。


②ウォーキングでは,やや速足,がポイントです。
軽い運動とはいっても,ダラダラ歩いていては効果がなく,よい結果にはつながりません。


③効果を上げるには運動強度も大事で,普段よりやや強く,ということもポイントになります。


④さらに効果を上げるには,ストレッチも取り入れ,ウォーキングの途中や終わったあとに手足や腰の筋肉を伸ばすなどします。
たまには,水泳などで,ウォーキングでは使わない筋肉を刺激するのもよいでしょう。

PR