1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「カプサイシンダイエット」とは

「カプサイシンダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「カプサイシンダイエット」とは,唐辛子のカプサイシン効果で食べた脂肪を分解させるダイエット法です。


【「カプサイシン」のダイエット効果とは】


多くの人が知る通り,唐辛子の辛み成分である「カプサイシン」にはダイエット効果があります。
唐辛子を食べると,すぐに体が熱くなって大量に汗をかくのはカプサイシンの働きによるものです。
カプサイシンは体内に入ると小腸で吸収され血液中に入り,脂肪を分解するホルモンであるアドレナリンを分泌させます。
アドレナリンが出ると体が興奮して体温が上昇し,脂肪の分解を促進します。


運動をするとアドレナリンが出て体温が上昇しますが,カプサイシンにはこれと同様の働きがあります。
ただし唐辛子だけでやせるには,コップ1杯もとらなければなりません。
現実的でないばかりか大変危険なので,適量のカプサイシン摂取と軽い運動との併用がよいでしょう。


カプサイシンには他に,便秘解消,新陳代謝をよくし持久力向上,免疫力が向上して風邪の予防など,さまざま効果があります。


【カプサイシンのとり方とは】


唐辛子を使った調味料はバラエティに豊み,いろいろな料理からカプサイシンをとることができます。
例えば,粉唐辛子,ラー油,トウバンジャン,コチュジャン,タバスコ,沖縄のコーレーグースなど。


また,辛いものが苦手な人には,辛さを取り除いたカプサイシンのサプリメントがおすすめです。
運動前にカプサイシンのサプリメントをとると脂肪が燃えやすくなります。


タイや韓国では1日に15グラムとるそうですが,日本人の場合は多くてもその半分が限界でしょう。
唐辛子の食べすぎは胃を傷めてしまい,また長期間の大量摂取は舌が麻痺して辛みだけでなく,甘みや塩味なども感じなくなります。
味覚障害を起こす危険がありますので,のどや胃に異常を感じたら即座にやめるべきです。


韓国産の唐辛子は日本産と比べて辛みが少ないと言われており,やや高価ですがこれを試してみるのもよいでしょう。

PR