1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「カルニチンダイエット」とは

「カルニチンダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「カルニチンダイエット」とは,中性脂肪,脂肪酸を活発に燃やしてくれる「カルニチン」を使ったダイエット法です。


【カルニチンの重要な働きとは】


「力ルニチン」は,アメリカでは以前からなじみのあるダイエットとして知られていました。
アメリカでは,スポーツが苦手,運動する余裕がない,仕事で座ることが多い,一日中車に乗っている,といった人たちがカルニチンのサプリメントを利用しています。


カルニチンは,必須アミノ酸である「リジン」と「メチオニン」によって主に肝臓で生成され,主に骨格筋と心臓の筋肉に含まれています。
力ルニチンの重要な役割は,血液中の脂質を筋肉に運び代謝を促すことであり,血液で運ばれてきた脂肪酸を次々に分解してミトコンドリアに送り込み,それはやがてエネルギーとして消費されます。
しかし,ミトコンドリアに入れなかった脂肪酸は,脂肪に合成されて体内に蓄積してしまいます。


また,カルニチンは心臓の筋肉に多いことから,心臓の働きにも重要な関わりがあります。
心臓は心筋によって日夜動き続けており,心筋のエネルギーとなるのは70%が脂肪ですが,年とともに力ルニチンが減少し心筋に取り込まれる脂肪が減ると心臓の動きが悪くなります。
このことから,力ルニチンは血液透析,肝硬変,糖尿病,心臓病,心筋などの動脈疾患,静脈栄養など,医療現場でも利用されているのです。


【カルニチンのとり方とは】


力ルニチンは20代を境に,年を取るとともに体内の合成能力が衰え次第に減少していきます。
そこで,体外からカルニチンを補ってやれば,肥満防止に繋がるというわけです。
力ルニチンは必須アミノ酸から生成されるため,アミノ酸を多くとっていると体内の力ルニチンを増やしてくれると考えられます。


牛肉,ラム肉の赤身の部分にはカルニチンそのものが多く含まれており,ラム肉は豚肉の5倍にもなります。
必要量の力ルニチン1日300~500ミリグラムをとるには,ラム肉だと1日500グラムになりますが,とてもこんなには食べられません。
つまり,必要量のカルニチンを食べものだけで摂取するのは難しく,今のところサプリメントを利用するのが一般的です。

PR