1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「グァバダイエット」とは

「グァバダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「グァバダイエット」とは,血糖値を下げる効果のある「グァバ葉ポリフェノール」に着目したダイエット法です。


【「グァバ葉ポリフェノール」のひとあじ違った働きとは】


グァバがダイエット効果で注目されているのは,グァバの果実ではなく葉っぱのほうです。
グァバの葉は,長さ5~17センチ,幅4~8センチの楕円形で,苦味や渋味があり食用にはなりませんが,下痢や消化不良によく効くということで一部では薬用として使われてきました。
また中国では,血糖値を下げることから糖尿病の薬として利用されてきました。


最近,グァバの葉に含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が血糖値を下げることがわかりました。
ポリフェノールは,お茶,ワインなどで知られますが,グァバ葉ポリフェノールはひとあじ違います。


胃からは,食べものの糖質を分解してブドウ糖に変換する酵素が分泌されますが,グァバ葉ポリフェノールはこの酵素の活性化をブロックするのです。
糖質はブドウ糖に変換されなければ吸収されませんが,インスリンの分泌を抑制するだけでなく,ブドウ糖が脂肪に変わる量が減るのです。


【グァバの葉に含まれる有効成分のとり方とは】


グァバの葉には,他に葉緑素,葉酸,ビタミンA・B2・C・E・カリウム,食物繊維が含まれています。
中でも,果実にも多く含まれるビタミンCには抗酸化作用があり,循環器系の病気を防止したり皮膚の老化を防止する効果があります。


グァバの葉は一般的には乾燥させてお茶にして飲みますが,グァバ葉ポリフェノールをとるには,グァバ茶をお茶代わりに飲むのが手っ取り早いでしょう。
グァバ茶は他の健康食品よりかなり安いので,ダイエットを長続きできます。


グァバ茶は,味にくせがなく,変な匂いもしないのでとても飲みやすく,日本茶同様に熱湯を注ぐだけでよく,甘く,ほのかな香りがただよってきます。
冷えたお茶にしてもおいしく飲むことができます。


また,グァバ茶の他には,葉っぱからエキスを抽出した健康食品もあります。

PR