1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「ビール酵母ダイエット」とは

「ビール酵母ダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「ビール酵母ダイエット」とは,空腹感が少なく,ストレスもたまらないダイエット法です。


【ビール酵母によるダイエット効果とは】


ビール酵母はビ-ル製造で利用される発酵菌で,ビール製造工程で大麦のミネラル,アミノ酸などの栄養を取り込みながら増殖していきます。
発酵を終えた酵母は下に沈み,上澄み液がビールとなりますが,残りカスのビール酵母はこれまで家畜の飼料などに利用されていました。


ビール酵母そのものには,直接ダイエットにつながる要素はありません。
しかし,ビール酵母は「グルカン」「マンナン」といった多糖体によって構成されており,これらが水分を吸収し膨張することによって満腹感が得られるのです。
また,グルカン,マンナンには腸壁を刺激して腸内環境を整える働きがあり,便秘解消にもなります。


【ビール酵母に含まれる成分とは】


ビール酵母の主成分はタンパク質です。
また,ビタミンB群,カルシウム,鉄,カリウム,マグネシウム,ナトリウム,リン,銅,亜鉛,マンガンなどのミネラルと,体に必要なものがほとんど含まれています。


ただし,ビタミンA,C,Eが不足しているので,他の食品やサプリメントなどで補うとよいでしょう。


【ビール酵母のとり方とは】


ビール酵母ダイエットは,1日1,2食をビール酵母入りヨーグルトにすることによって,カロリーを抑えてやせるというダイエット法です。
錠剤,粉末などになったビール酵母をヨーグルトに混ぜて食べれば満腹感が得られるので,何も食べないで空腹感と戦うダイエットとは違い,ストレスもたまりにくいと言われています。


粉末のビール酵母の場合,ヨーグルト100グラムに対して,大さじ1杯をよくかき混ぜて食べます。
ビール酵母には独特の臭いや味があるので,果肉入りのヨーグルトにする,ジャムを混ぜる,レモン汁をかけるなどの工夫も必要です。


また,ビール酵母は,アルコールではないのでお酒が苦手な人でも安心してとることができます。
ただし,核酸を含んでいるので痛風のけがある人には向きません。

PR