1. ダイエット辞典TOP
  2. 食事によるダイエット
  3. 「黒酢ダイエット」とは

「黒酢ダイエット」とは

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。

「黒酢ダイエット」とは,黒酢をとることで体がアルカリ体質になり,いつまでも若々しさが維持できるというダイエット法です。


【黒酢に含まれるアミノ酸の働きとは】


昔から酢は体にいいといわれており,最近,中国,九州・沖縄の黒酢が健康食品として人気です。
黒酢が身体にいいのは,発酵・熟成に1~3年かけるためアミノ酸が多く含まれ,このアミノ酸にダイエット効果があるからです。
普通料理に使う酢には,アミノ酸はほとんど含まれていません。


黒酢に含まれるアミノ酸には,脂肪の吸収を抑え,脂肪の燃焼を促す働きがあります。
日々黒酢をとることで,コレステロールや中性脂肪が減少して,血液サラサラになるのです。


また,黒酢に含まれるアミノ酸には若返り効果もあります。
アミノ酸が体内に取り込まれると,ヒト成長ホルモンというホルモンが分泌され,これが古い細胞を新しい細胞に変えていくのです。
ヒト成長ホルモンは年を取るほどに分泌が減少していきますが,黒酢のアミノ酸をとることによっていつまでも若さを維持できるというわけです。


【酢の効用,「クエン酸サイクル」とは】


一般の酢に含まれるクエン酸はわずか0.2%です。
酢の主成分である酢酸とその他の有機酸の多くは,体内に入るとクエン酸に変わります。
クエン酸は,体に弊害のある酸性物質と結合して種々の酸に変わり,酸性物質を分解して,再びクエン酸に戻り同様に酸性物質を分解していきます。
これが「クエン酸サイクル」と呼ばれる酢の効用です。


このサイクルが不調だと,筋肉中に乳酸がたまり,疲労,筋肉痛,肩こりなどの原因となり,さらに体が酸性に変わってしまいます。
そこで,日々酢をとることで体内の酸性物質は減少し,そのうち理想的なアルカリ性になり,そして疲労もなくなってしまうのです。


【黒酢ダイエットの方法とは】


黒酢ダイエットでは,黒酢30ccを1日1~3回飲むだけですが,そのまま飲むのが苦手な人は水で薄めてハチミツレモンにするとよいでしょう。
中華料理では,油に黒酢を加えると油の粒子が細かくなり分解酵素が働きやすくなるため,油は体内に蓄積されずに,すぐにエネルギーとして消費されていきます。

PR